メソポレーションとは

1 メソポレーションの原理 その①

メソポレーションの原理

細胞膜は、リン脂質が二重に並んだ構造となっています。この細胞に電流をかけると、細胞膜に一時的に小さな穴が開きます。電流の強さにより穴の大きさ、持続時間は変わりますが、1個の細胞に対し0.5Vから1Vくらいの短い波長の電流により、数十秒くらい穴が生じ再び修復されます。このレベルの電流では細胞に大きな影響はなく、細胞が死んでしまうことはありません。

2 メソポレーションの原理 その②

メソポレーションの原理

この穴からDNAや薬剤を細胞内に取り込ませることができます。この方法は生化学の分野で細胞に遺伝子や薬剤を導入したり、癌治療などに広く応用されています。

3 メソポレーションの原理 その③

メソポレーションの原理

薬剤や有効成分を皮膚から導入するためには、角質層のバリアーを有効に通過させる必要があります。角質バリアーを通過させるには、角質細胞間脂質を通過する経路と角質細胞を通過させることが考えられますが、角質細胞を通過することはイオントフォレストや超音波では不可能であり、メソポレーション法を利用して通過させることができます。

4 メソポレーションの原理 その④

メソポレーションの原理

角質細胞間脂質は、セラミドとよばれる脂質が何層も並んでいる構造となっており、細胞膜のリン脂質二重膜の構造と良く似ています。

5 メソポレーションの原理 その⑤

メソポレーションの原理

細胞膜に0.5Vから1Vくらいの短い波長の電流により穴があくのであれば、角質細胞間脂質を細胞膜100枚分と仮定すれば50から100Vくらいの電流で穴をあけられるはずです。この原理に基づく導入法が皮膚メソポレーション法です。この方法により、今まで注射を用いる以外に皮膚内に導入できなかった物質も導入可能となりました。 また導入量も従来のイオン導入や超音波導入よりも多く、治療効果もより大きくより早くあげることができます。

6 メソポレーションの原理 その⑥

メソポレーションの原理

角質層に微細なポレースを開けつつ、イオントフォレストの様な電気反発を使い初期の導入をはかり、対極板をつけることで体の中に電気を流し、電気の流れにより、できる浸透力を使い皮膚の深部まで有効成分を導入することができます。

7 メソポレーションの原理 その⑦

メソポレーションの原理メソポレーションの原理

メソポレーションの導入効果
分子量53万~133万ダルトンのヒアルロン酸をメソアクティスを利用し導入実験の結果、皮内に導入していることを確認していただきました。
(2008年第107回日本皮膚科学会総会 上田豊甫教授発表)
※人の皮膚は500ダルトン以上のものは通過できない